z1
美肌 皺 たるみ  ほうれい線の改善

フェイスラインのたるみ

顔を作る筋肉には30種類以上の筋肉が存在し、それらは重なり合い様々な動きを可能にします。この筋肉は、食事や会話といった日常生活の機能的な動きだけでなく、笑顔や怒り、喜びなどの表情を表現するためにも重要です。これらの筋肉は使わないと筋力が低下し、重力に負けて顔の下半分である下顔面にたるみが生じる可能性があります。顔のタルミやたるみが進行すると、頬が下がりブルドック顔や、口角が下がりへの字口になることもあります。

また、顔の筋肉は首にもつながっており、姿勢の悪さによって顎の歪みやあご下のたるみが引き起こされることがあります。舌の位置も重要であり、舌が正しい位置にない場合、下顎が下がり、フェイスラインのタルミが生じる可能性があります。

顔の筋肉を正しく使い、トレーニングすることで、たるみやタルミを予防し、引き締まったフェイスラインや若々しい表情を維持することができます。
z3
z6

加齢による皮膚、肌の老化

皮膚は加齢とともに老化し、細胞のターンオーバーが遅れることで老化が進行します。この過程で、真皮に存在する線維芽細胞の活性が低下し、コラーゲンやエラスチンの生成が減少します。その結果、皮膚の弾力性が低下し、真皮の厚みも減少します。

女性ホルモンであるエストロゲンの減少も、コラーゲンやエラスチンの産生量の低下に関与します。さらに、日常的な紫外線や大気汚染などの刺激は、皮下組織を傷つけ、コラーゲンやエラスチンを生産する線維芽細胞にも損傷を与えます。

皮膚の老化には様々な要因が関与しますが、特に肌の弾力性の低下が体感される老化現象です。この弾力性には、コラーゲンというタンパク質が重要な役割を果たしており、コラーゲンの減少や糖化、成長ホルモンの分泌低下が老化の一因となっています。
加齢に伴う皮膚の変化は、外見だけでなく体感でも感じられるものであり、皮膚の弾力性の低下がその代表的な現象です。この弾力性を保つために重要な役割を果たすのがコラーゲンというタンパク質です。コラーゲンの減少や糖化、成長ホルモンの分泌低下が、皮膚の老化に大きく関与しています。

また、日々の紫外線や大気汚染などの外部刺激も、皮膚の老化を促進する要因となります。これらの要因を適切にケアし、皮膚の健康を保つことが重要です。定期的な保湿や適切な日焼け止めの使用、バランスの良い食事、適度な運動などが、皮膚の弾力性や健康維持に役立つことが知られています。
肌の保水力を維持するヒアルロン酸は、20歳をピークに減少し、40歳ではピーク時の半分まで減少します。この加齢に伴うヒアルロン酸の減少により、肌は水分を保持する能力が低下し、皮膚の厚みや弾力性が低下します。

皮膚の弾力性が低下すると、タルミや小じわが現れやすくなります。さらに、表情筋の動きによってできる溝やしわも、元の状態に戻りにくくなります。

口角から小鼻の外側にかけての鼻唇溝は、一般的に「ほうれい線」として知られています。このしわは笑ったときにできるものであり、皮下組織や皮膚の弾力性があれば、表情を元に戻した際にしわが消えることが期待されます。しかし、弾力性が低下するとしわが残りやすくなります。

前歯の位置や周囲の歯槽骨の形状によってもほうれい線の目立ち方が異なります。前歯が前方に出ると口元が突出し、ほうれい線がより目立ちやすくなります。矯正治療によって前歯の位置が変わることで、ほうれい線が軽減されることがあります。

頬のたるみもほうれい線を目立たせる要因の一つです。頬の筋肉のたるみや頬の筋肉のたるみや頬骨周辺の脂肪組織の下垂により、小鼻の脇にある脂肪組織が目立つようになります。この部分にできるラインは「ゴルゴライン」と呼ばれ、頬のたるみが強くなるとさらにほうれい線が深く刻まれる可能性があります。

さらに、筋肉のこりや老廃物の滞りもほうれい線を深く刻む原因となります。口角挙上筋や周囲の筋肉が凝り固まると、老廃物の排出が滞り、筋肉の柔軟性や皮膚の弾力性が低下します。

これらの要因により、ほうれい線は前歯の位置、筋肉の弾力性、皮膚の保水力、老廃物の滞りなどに影響を受けます。これらの要素に対する適切なアプローチが改善につながることが期待されます。
z3
RFハイフ

気になるたるみ、しわに有効です

  • RFハイフとは

    RFハイフ(Radio Frequency High-intensity Focused Ultrasound)は、高周波と集中超音波を組み合わせた治療法の一種です。この治療法は、肌の深部組織に熱エネルギーを送り込み、コラーゲンの生成を促進し、肌のたるみやしわを改善する効果が期待されます。RFハイフは、非侵襲的な治療法であり、施術後のダウンタイムが少なく、比較的短い期間で施術が完了します。通常、数ヶ月から半年程度の持続効果が期待され、肌の引き締めやリフトアップ効果をもたらします。RFハイフは、顔や体のさまざまな部位に適用され、皮膚の若返りや美容効果を追求する人々に人気があります。
  • RFハイフのメリット・デメリット

    メリット:
    1. 非侵襲的な治療法であり、手術を伴わずに肌の引き締めやリフトアップ効果を得ることができる。
    2. 施術後のダウンタイムが少なく、通常は日常生活にすぐに戻ることができる。
    3. 高周波と集中超音波を組み合わせた独自の技術により、肌の深部に働きかけ、コラーゲンの生成を促進する。
    4. 肌のたるみやしわの改善に効果があり、引き締まった肌や若返り効果をもたらす。

    デメリット:
    1. 効果が現れるまでに時間がかかることがあるため、即効性を求める場合には向いていない。
    2. 1回の施術だけでは十分な効果が得られない場合があるため、複数回の施術が必要となることがある。
    3. 施術には一定の費用がかかるため、経済的な負担がある場合もある。
    4. 結果が個人によって異なることがあり、全ての人に同じ効果が得られるとは限らない。

    これらは一般的なメリットとデメリットであり、個々の状況や肌質によって効果やリスクは異なります。施術を受ける際には、十分な情報収集や専門家との相談を行うことが重要です。
肌再生プログラム

プラズマの力はすごい

  • 美肌プラズマ療法

    プラズマシャワーは、最新の皮膚再生技術であり、非侵襲的な治療法です。この治療法は、高周波のプラズマエネルギーを使用して、肌の表面に微小な傷を作り、肌の再生を促進することで、しわやたるみ、色素沈着などの肌の問題を改善することができます。

    プラズマシャワーの主な特徴は以下の通りです:
    1. 皮膚の表面にダメージを与えず、内部の組織を刺激して再生を促すため、ダウンタイムが少ない。
    2. コラーゲン生成を促進し、肌の弾力性やハリを改善する効果が期待される。
    3. しわやたるみ、毛穴の引き締め、色素沈着の軽減など、幅広い肌の改善効果がある。
    4. 一般的なレーザー治療よりも痛みや炎症が少ないため、敏感な肌の方にも適している。

    プラズマシャワーは、美容皮膚科や美容クリニックで提供されており、肌のトーンアップや若返り効果を求める人々に人気の治療法です。ただし、個々の肌状態や希望によって効果やリスクは異なるため、専門家との相談をおすすめします。

  • シミ取りプラズマ療法

    シミ取りプラズマ治療は、プラズマペンと呼ばれる装置を使用して行われる治療法です。この治療法は、高周波のプラズマエネルギーを使って、皮膚表面に微小な傷を作り、シミや色素沈着を改善する効果が期待されます。プラズマペンを用いることで、局所的なシミや色素沈着を目立たなくし、肌のトーンを均一に整えることが可能です。

    シミ取りプラズマ治療の特徴は以下の通りです:
    1. 非侵襲的な治療法であり、手術を伴わずにシミや色素沈着の改善を行う。
    2. プラズマエネルギーによって皮膚の表面に僅かなダメージを与えることで、肌の再生を促進し、シミを薄くする。
    3. 痛みやダウンタイムが少なく、比較的短い期間で施術が完了する。
    4. 肌のトーンを均一に整え、シミや色素沈着を軽減する効果が期待される。

    シミ取りプラズマ治療は、美容皮膚科や美容クリニックで提供されており、肌の色素沈着やシミを気にする人々に人気の治療法です。ただし、個々の肌状態やシミの原因によって効果やリスクは異なるため、専門家との相談をおすすめします。
  • 美肌プラズマ療法メリット・デメリット

    プラズマシャワーのメリット:
    1. 非侵襲的な治療法であり、手術を伴わずに肌の引き締めやリフトアップ効果を得ることができる。
    2. 施術後のダウンタイムが少なく、通常は日常生活にすぐに戻ることができる。
    3. 高周波のプラズマエネルギーにより、肌の深部に働きかけ、コラーゲンの生成を促進し、肌のたるみやしわを改善する効果が期待される。
    4. 肌の引き締めやリフトアップ、しわやたるみの改善に効果があり、若々しい肌を目指すことができる。

    プラズマシャワーのデメリット:
    1. 効果が現れるまでに時間がかかることがあるため、即効性を求める場合には向いていない。
    2. 1回の施術だけでは十分な効果が得られない場合があるため、複数回の施術が必要となることがある。
    3. 施術には一定の費用がかかるため、経済的な負担がある場合もある。
    4. 一部の人にとって、施術中に軽度の痛みや違和感を感じることがある。
  • シミ取りプラズマ治療メリット・デメリット

    シミ取りプラズマ治療のメリット:
    1. 非侵襲的な治療法であり、手術を伴わずにシミや色素沈着を改善することができる。
    2. プラズマエネルギーを使用して皮膚表面に微小な傷を作り、肌の再生を促進し、シミを薄くする。
    3. 施術後のダウンタイムが少なく、通常は日常生活に戻ることができる。
    4. 肌のトーンを均一に整え、シミや色素沈着を軽減する効果が期待される。

    シミ取りプラズマ治療のデメリット:
    1. 効果が現れるまでに時間がかかることがあるため、即効性を求める場合には向いていない。
    2. 1回の施術だけでは十分な効果が得られない場合があるため、複数回の施術が必要となることがある。
    3. 施術には一定の費用がかかるため、経済的な負担がある場合もある。
    4. 一部の人にとって、施術中に軽度の痛みや赤み、腫れなどの副作用が現れることがある。

ハイドラフェイシャル

ハイドラフェイシャルは、肌の保湿と栄養補給を目的とした最新のフェイシャルトリートメントです。この治療法は、特殊なハンドピースを使用して、肌の表面に水や栄養素を送り込みながら、古い角質や汚れを除去し、肌をクリアで輝く状態に整えることができます。

ハイドラフェイシャルの特徴は以下の通りです:
1. 保湿効果が高く、肌の乾燥や水分不足を改善する。
2. 穏やかな角質除去効果により、肌のテクスチャーを滑らかに整える。
3. 肌のターンオーバーを促進し、肌の再生をサポートする。
4. 毛穴の詰まりやくすみを改善し、肌のトーンを明るくする。
5. 敏感肌や乾燥肌の方でも安全に利用できる。

ハイドラフェイシャルは、肌の潤いと健康を保つために効果的な治療法であり、肌質改善や美肌効果を求める人々に人気があります。

ハイドラフェイシャルのメリット・デメリット

メリット:
1. 保湿効果: 皮膚の保湿能力を高め、乾燥を改善します。
2. 栄養補給: 皮膚に栄養を与え、健康的な肌を促進します。
3. 皮膚再生: 皮膚の再生を促進し、肌のトーンや質感を改善します。
4. 毛穴の詰まり解消: 毛穴の詰まりや角栓を取り除き、肌をクリアにします。
5. くすみ改善: 肌のくすみを軽減し、明るく健康的な肌をもたらします。

デメリット:
1. 個人差: 皮膚の状態や個人の感受性によって結果が異なることがあります。
2. 継続的なケアが必要: 長期的な結果を維持するためには、定期的なケアが必要となります。
3. 費用: ハイドラフェイシャルは通常、複数回の施術が必要となるため、継続的な費用がかかる場合があります。
ハイドラフェイシャルは、肌の改善や美容効果を期待する方にとって効果的な施術と言えますが、個人によって異なる結果が得られることや、継続的なケアや費用が必要となる点に留意する必要があります。また、まれに肌の過敏な反応やアレルギー反応が起こる場合もあるため、施術前に十分なカウンセリングを受けることが重要です。

総合的に考えると、ハイドラフェイシャルは肌の保湿や栄養補給、肌の改善に効果的な施術であり、定期的なケアを受けることで健康的で美しい肌を維持するのに役立ちます。ただし、個々の肌質や状態に合わせて施術内容を調整し、専門家のアドバイスを受けることが重要です。
エレクトロポレーション

浸透力U

  • エレクトロポレーションは、皮膚の表面に微小な孔を開けて、有効成分を浸透させるための治療法です。通常、皮膚は細胞膜によって保護されているため、外部からの成分の浸透が難しいとされていますが、エレクトロポレーションを使用することで、有効成分を皮膚の深層部まで浸透させることが可能となります。

    エレクトロポレーションの原理は、短い電気パルスを使用して細胞膜に一時的な孔を作り、細胞膜の通過性を向上させることにあります。この孔を介して、有効成分や栄養素が皮膚内部に浸透しやすくなります。その後、細胞膜は修復され、通常の状態に戻ります。

    エレクトロポレーションは非侵襲的な治療法であり、注射や外科手術を伴わずに有効成分を浸透させることができるため、美容や医療の分野で広く利用されています。ただし、適切な機器や技術を用いて行わなければならないため、専門家による施術が重要です。
  • エレクトロポレーションのメリット・デメリット

    メリット:
    1. 高い浸透性: エレクトロポレーションを使用することで、有効成分や栄養素を皮膚の深層部まで効果的に浸透させることができます。
    2. 非侵襲的: 注射や手術を伴わずに皮膚への成分の浸透を可能にするため、非侵襲的な治療法として広く利用されています。
    3. 痛みが少ない: 通常、エレクトロポレーションは痛みが少ないため、施術中の不快感が少ないとされています。

    デメリット:
    1. 一時的な効果: エレクトロポレーションによる浸透は一時的なものであり、定期的な施術が必要な場合があります。
    2. 皮膚刺激: 電気刺激によって皮膚に一時的な赤みや軽度の刺激が生じることがあるため、肌が敏感な人には注意が必要です。
    3. 門家の技術が必要: 適切な機器や技術を用いて行わなければならないため、専門家による施術が重要です。
Q&A

TOP・よくある質問のH2見出し

Q 矯正装置を付けると発音や食事がしづらくなると聞いたのですが本当ですか?
A

矯正装置を装着した当初は、違和感や話しづらさを感じるかもしれません。
しかし、ほとんどの方は、数日で慣れて問題なく話せるようになります。

Q 矯正器具を付けることによって金属アレルギーが出ることはありますか?
A

非常に稀なケースですが、起こる可能性があります。そのような症状が出現した場合は、慌てずにまず主治医にご相談ください。

Q 子供の時からの矯正治療を始めるメリットは?
A

お子様の矯正治療は、顎の成長発育を利用できるというメリットがあります。大人になってから矯正治療を受けると、歯並びによっては、歯を抜いたり、外科手術が必要になる場合もあります。

また、当院の矯正は小児矯正から始めることで後戻りのリスクが減ります。

Q 矯正歯科は何歳くらいから始めたら良いですか?
A

矯正治療を始める時期は、非常に重要です。一般的には、早い方が良いと言われています。
しかし、年齢に関係なく、歯並びが気になり始めたら、まずはお気軽にご相談ください。

Q 健康保険は全く効かないのでしょうか?
A

矯正治療は、基本的に健康保険の適用対象外となります。
しかし、先天的な疾患がある場合は、保険適用となる可能性があります。

< 12 3 4 ... 13 >